スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏!
どうもです。

昨日、夜中に釣りに行ってきました。
場所は、逗子の辺り
葉山マリーナと逗子マリーナの間ぐらいでしょうか?
前に一度、この辺りは写真を撮りに来てことがあります。
その時は昼間だったので、今回、夜なので、だいぶ雰囲気が違いました。
砂浜の辺りを歩いてみたんですが、以前来た時には無かった海の家なんかも
たくさん建っていました。日中は大勢人がいそうな海水浴場ですが、
ひっそりとしていて、夕涼みなのか数人の若者が話しをしたり、花火をやってたり、
夜の海も良いものだと思いました。

今回は海へと繋がる河口付近で、黒鯛が釣れるとの情報を得て、昔の会社の同僚とやってきました。
そして、釣果ですが・・・

130810_01.jpg
本当はルアーで黒鯛を狙っていたのですが、保険のために仕掛けていた餌に食いついた感じです。
ルアーでの釣果は無し、その後、餌では何匹か変な魚(ゴンズイとか)を釣リましたが、逃がしてきました。
130810_02.jpg
黒鯛!
・・・・と言いたい所ですが、「キビレ」という魚です。
似ていますが違う魚だそうです。お刺身も美味しいとの事ですので、
さっそく
130810_03.jpg
三枚におろして
130810_04.jpg
お刺身にしました。魚が小さかったので、少ないですね
130810_06.jpg
買ってきた。マグロとイカを足して、
お刺身、三種盛りの完成です!

実際に釣りをしてた時間は3~4時間ぐらいでしたが、とても楽しかったです。
関東で釣りをしてると、釣れない事も多くて、ガッカリして帰ってくる事も多いんです。
最近、自分の身の回りと言いますか普段の生活では、あまり良い感じに物事が進まない状況が続いていました。
しかし、今回は良い感じに物事が進んだ感じです。

また、行きたいですね。

ご無沙汰しております
130722.jpg
どうもご無沙汰しております。
不覚にも、ブログの更新が一ヶ月以上無い場合の広告が出てしまいました。
すみません。
6月はもう一件仕事が入って重複していたのと、6月後半から7月と仕事の都合で、
ちょっと遠くの会社まで出向という形で現在も通勤しております。
朝は8:30の電車に乗り、片道1時間半ぐらいかけて会社に通ってます。
なんか真っ当なサラリーマンのような生活です。自分の担当の所は全て終了したので、当初の契約通り、7月いっぱいで開放されそうです。(自分はもともと、助っ人で入ったので、その部分が終われば終了なのですが、他の仲間は8月以降も作業が残っているので、なんとなく申し訳ない感じで退散することになります)
8月からは別の仕事が入っているので、相変わらず大変なのは変わらない感じです。

自分の作品はあまり進んでいませんが、一応、現状報告をと思いまして更新いたしました。

また、暗号制作
130531.jpg
相変わらず仕事に追われていますが、自分の作品の新しい作品の絵コンテを始めています。
まずは絵コンテの前段階、軽く流れを描きとめたものを作りました。
他人には何が描いてあるかわからないでしょう。ほとんど暗号状態です。

本当のところ、次の作品は何を作ろうか・・・ちょっと悩んでいました。
悩んだ結果
「ミーコ&マギー」第3話を作る事にしました。「ミーコ&マギー」は自分の中でストーリーを作るうえで、今までとは違った領域を見せてもらった作品でした。なんとなくこの流れを止めたくないというのがありました。
先ほど公開した2話目も、見ていただいた方には「面白かった!」と言っていただける作品だったので、
3話目もきっと面白くなると思います。

また、長い戦いになりますね・・・
エンターテイメントと僕
久しぶりの更新です。

エンターテイメントとは、アニメとは、映画とは、何なのか?
そんな事をちょっと書いてみたいと思う。したがって、今回はちょっと長くなる。

自分は何でアニメを作ってるのか?そんな事を考える。
自己表現だから?評価がほしいから?仕事がしたいから?
作品を作っていたり、作った事がある人たちは、何の目的で作っているのでしょうか?
自分が、その事を考え出したのは、ある出来事があったからです・・・

自分の母親は、もう何年も前に亡くなった。癌だった。
その時、自分はゲーム会社で働いて、母が入院中に
「お前は、いったい何の仕事をしてるのか?」
ゲームやデジタルといった物は苦手だった母には、自分のゲームグラフィックという仕事を理解でなかった。
「アニメみたいなモノなのかい?」「漫画とはちがうのかい?」
そんな事を言ってくる母に、ゲームの中の絵の部分を作ってると言っても理解できない話しだった。
最後に母は
「それで、それは人の役に立ってるのかい?」
その問いかけを聞くまで、自分はそんな事考えた事が無かった。
ただ、絵の仕事がしたくて飛び込んだ世界だった。どんな形であれ絵でお金がもらえれば良かった。
その時の自分は
「・・・まあ、間接的には人の役に立ってるんじゃないかな・・・」
そんな、へんな答えを返しただけだった。

それが、自分のやっている仕事は何なのか?考え出した出来事だった。
人の役に立つ・・・とは、どんな仕事なのか?
それは直接、人を助ける仕事だろう。
母との会話は病院での事だったので、病院に当てはめてみよう。
病院の中で人を直接助ける仕事、それは医者であろう。
病気の患者を痛みから救い、命を助ける。まさに人の役に立つ仕事だ。
そうすると、直接診察の出来ない看護師は、間接的に役に立つ仕事なのだろうか?
それだったら、自分の仕事、それはゲームに限らず、エンターテイメント全般に言えると思うが
それは病院の中のどの部分に当てはめる事が出来るのか?
自分が考え付いたのは、誰かがお見舞いで持ってきたであろう、患者の横に置いてある「花」のような物ではないか・・・(ロビーにおいてある雑誌、病院の廊下の絵でも、何でも良いのだけれど)
直接病気を治すわけでも、サポートするわけでもなく、痛みも取ってくれない。
でも、その存在を無くしてしまったら、あまりにも寂しすぎる。きっと必要な物だと思う。
それは精神面でのサポートか、目に見えない部分でのケアなのかもしれない。
それを見た時、一瞬でもつらい痛みを忘れさせてくれる、そんな役割だろうか。
そう考えると、かなり間接的に役に立つ仕事・・・とも言えなくもない。

なんとエンターテイメントとは、弱い存在か
「そんな事しか出来ないのか・・・」と思ってしまう。
命を救えるわけでも、痛みを取り除く事すら出来ない。ただ、そこにあるだけの存在。
しかし「それでも」というか「それだからこそ」

エンターテイメントはすばらしい!

そんな話しになっていく。それは、医者が直接触れる事の出来ない所のケアなのだ。
そして、医者では助けられない人を助けるケースもあるかも知れない。
一日の仕事が終わり帰ってくる。そんな時に必要な物は、医者が処方した薬ではなく、
心安らぐ音楽や、笑える作品のはずである。
足を怪我して動けない人には、きっと冒険モノ旅行モノの物語がオススメではないだろうか。

今、自分が作っている作品に、そんな大それた事が出来ているとは思っていませんが、
個人的には、楽しんでもらえる物を作って行きたいと思っています。
それが、エンターテイメントのあり方だと思うので・・・
ありがとうございます!
130446.jpg
「ミーコ&マギー 第二話」を公開いたしまして、
見てニコ動などでコメントをいただけて、まことにうれしい限りです。
まあ、再生数が少ないのは、いつもの事です。
でも、見ていただいた方には楽しんでいただけたみたいで、少し安心しました。
本当にありがとうございます。

また、時間を見つけて次を作りますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。