スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「クロスワード」製作回想録 6
製作開始

それでは。1シーン目の土手の背景から作り始めます。
絵コンテはこんな感じです。
cross009.jpg
それを元に線画を描いていきます。サイズはA4
それが、これ
cross010.jpg
それに、Photoshopで色を付けていきます。
それが、これ
cross011.jpg
今、思うと土手に何も無いので距離感が分かりにくい絵になってますね・・・
土手の側面に階段とか付けとけば、もっと分かりやすい絵になったような気がします・・・

それから、キャラクターを描いていきます。
cross012.jpg
基本線画は紙に鉛筆で書いていきます。
スキャナーで取り込んで、やっぱりPhotoahopで色をつけます。

出来上がったパーツをAfter Effectsで動画に組んでいきます。
cross015.jpg
動きやタイミングなんかを調整したり、画質の調整なんかも、この時に作っていきます。
このソフトで、バラバラの絵が動きのある絵になっていくのです。

そんな工程を経て、1シーンが完成していくのです。
cross014.jpg
そんなことを繰り返していくのです・・・

● 次へ >>

「クロスワード」製作回想録 5
絵コンテムービー

絵コンテ作業が終わったら、絵コンテをすべてスキャナーで取り込みます。
シーンごとにバラバラにします。そして、After Effectsで1シーンごとに実際のシーンの長さで
ムービーを作っていきます。それを編集して絵コンテムービーを作っていきます。
だから、この段階で絵はラフで動きが少ないですが、今回のショートアニメが完成している感じです。
この絵コンテムービーを作ると、流れやタイミングなど全体像が分かるので助かります。

cross008.jpg

本番は、その絵コンテムービーを1つ1つ完成動画に差し替えていく感じで作業は進みます。
すべて差し替えれば完成というわけです。
(Scene03の改札口のところが、絵コンテと完成で逆になっているのは、動画のイマジナリーラインの問題で変更しました。本当は絵コンテ段階で気が付かなければならないのですが・・・)

そして、これから長い戦いが始まるのです・・・

● 次へ >>

「クロスワード」製作回想録 4
絵コンテ編

前の前で説明した物語の構成を考える時に作ったリストをプロットという
そのプロットを元に絵コンテを作っていくのだが、今回はまずザックリ絵コンテのラフを描いた。
それが、これ
cross003.jpg
大体の感じ流れが分かれば良いので、本当に雑です^^

それから、絵コンテ
さっきのラフを元に、さらに詳しく描いていきます。それが、これです。
cross004.jpg
今後の画面つくりの設計図になり、自分の中でどのような絵を描くのかイメージを固めるために
重要なところですね。

では、ここでラフから絵コンテ、そして完成画面を一部並べて見てみましょう。
cross005.jpg

cross006.jpg

cross007.jpg
こんな感じです。
どうでしょう、こういうの面白いかな?

続く・・・
● 次へ >>

「クロスワード」製作回想録 3
キャラクター編

cross002.jpg
それから、キャラクターを考えました。
キャラクターのデザイン画は主人公の女の子と花屋の男のみ^^
それもラフな感じで書き上げた4枚・・・
他人に伝えて一緒に作業するわけではないので、自分がイメージできてれば良かったんですね。
複雑な話でもなく登場人物も少なかったので・・・
いいかげんですね・・・次回はもう少しちゃんと描きましょう。
この段階に行くまでに、もっといろいろ落書きを描いた気もするのですが・・・
確定したものとして残ってるものは4枚だけでした。

その次に本当は色見本とか作るんですけど、今回はしなかったですね。
本番で一番初めに描いて色を塗ったものを、最後まで読み出して参考に使っていた。
効率は悪かったですね、容量的に重かったので・・・次回はちゃんと色見本を作ろうと思いました。

次は絵コンテ編です
● 次へ >>


「クロスワード」製作回想録 2
「はじめの作業」

そもそも、このショートムービーを作ろうと思ったのは、
会社に行くときの電車の中で、クロスワードパズルをしている女性を見たのがきっかけだった。
熱心にパズルを解く感じは、僕が好きな感じでした^^
そして、クロスワードパズルの答えが散歩中に見るものにリンクするというのを思いつく。
しかし、これだけでは作品にならない。漠然としすぎてるでしょ

まず一番初めに取り掛かった作業は、アニメ中に女の子が解くクロスワードのパズルを作るところから始めた。
これが結構大変だった。この製作で一ヶ月ぐらいかかった^^
クロスワードパズルを良く知らないし作ったこともないので、ネットで「クロスワードパズルの作り方」みたいなページを参考に勉強をした。
そして実際に文字を配置していくんですけど、なかなか上手くいかない。今回は映像なので、表現でしにくいものや、表現したくないものはNGにした。
たとえば、「コロス」とかダークなもの「ユルヤカ」とか抽象的な言葉ですね。
自分のペンネームが花山なので、花の名前は入れようと思っていた。
実際にアニメ中で登場する「サクラ」「シロツメグサ」は当初から組み込んでいた。
さらに、このクロスワードの最後の答えが「クロスワード」になるようにしたかった。
そして、試行錯誤してパズルは完成する。
cross001.jpg
それから、パズルのキーワードを書き出してリストにして、
入れ替えたり、アイデアを入れたりして映像全体の流れを決めていった。
写真では4枚の紙しかないが、もっといろいろ書いた記憶があるが、残っているものは少なかった。
普通はアニメを作ろうとする時に、はじめる作業ではないですよね^^
でも、今回はこのパズルがとても重要なものなので、パズル製作からスタートしました。

● 次へ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。