FC2ブログ
ツイッター
少し前ぐらいから「Twitter(ツイッター)」なるものをはじめました。
あまり活用してないんですけどね。そんなに書くことが思い浮かびません・・・
みんな、どんな事書いているのかなぁと見てみると、本当に自由ですね。
一言だったり、これからどこか行くとか、ネットで見つけた面白いものとか・・・
何でも良いんですよね。
以前、ネットで起こったある事件の情報が欲しかった時に、ツイッターで検索したら
早く情報が手に入りました。これは便利だなと思いました。

これからは、もうちょっとツイッターを活用して行きたいと思います。
もしよろしければ、こちらへ・・・

Twitter = Hanayama_Tohru


スポンサーサイト



3Dの考察
大吟醸
3DCGは、何をやるんでも時間がかかりますね。3Dだと、いくらでも修正が出来てしまうんですよね・・・これが時間のかかる原因です。それと、やっぱり最終的なレンダリングの時間がバカにならない感じです。
自分が3Dをはじめて使い始めた10年ぐらい前からパソコンのスペックはどんどん上がっているのに
レンダリングの時間は変わっていないか、もっと時間がかかっている感じがします。
それはソフトの方もいろいろな機能が付いたり、使う側もいろいろな事をしだすし、解像度もどんどん上がっています。昔のPS(プレイステーション)は320x224で良かったんですが、PS2は640x448でした。今はHDサイズですから1280X720ですね。フルHDともなると、もっと大きくなります。どんどん時間がかかっていきます・・・
以前、ゲームで使うムービーでレンダリングに1つのパートで1ヶ月かかったことがありました。1ヶ月間パソコンを動かしっぱなしにして、ようやく出来上がるのです。それが3パートぐらいありました。
仕方が無いのでレンダリング用にもう一台パソコンを用意して1パート目をレンダリングしながら、2パート目を作っていき1パート目がレンダリング終了と同時に2パート目をレンダリングするという形で仕事を進めました。
レンダリングに時間がかかるので、最終的な画像にミスを発見してしまった時には大変です^^
また、ミスというのは最後の最後で発見されたりするんですよね。時間がいくらあっても足りません。

これからも、3Dはレンダリングとの戦いでしょうね・・・
雪景色の思い出
yuki.jpg
珍しく雪が降りました。それほど積もってはいないので、すぐに溶けてしまうでしょう。
雪の日というと思い出があります・・・
昔、僕は新聞配達をしていた時がありまして、ある日、雪が降ったのです。それも関東地方では何十年に一度という大雪でした。当然、そんな日でも新聞配達はしなければならず雪の降りしきる中出かけました。
自転車で配達してたんですが、もう自転車を運転することは出来ないぐらい雪が積もっていたので、自転車を押しながらの配達です。途中気が付くと自転車がやたら重いことに気が付きまして、下を見るとタイヤのスポークのところにビッチリ雪が詰まってタイヤが回転してなかったんです。重いわけです雪の中を荷物をたくさん積んだタイヤの動かなくなった自転車を、ちょっとしたソリよろしく引きずっていたのですから・・・それから、途中で転んだで新聞をぬらして新しい新聞を雪の中取りに帰ったり・・・それはひどい仕事ぶりでした。「オレは何やってるんだ・・・」と情けなくて涙が出るほどでした。通常の3?4倍ぐらいの時間をかけて何とか終わらせて帰ったのですが、不着(本来配達しないといけない家に配達していないこと)があったり、雪で新聞がぬれた!と苦情が来たりで、その日の夕刊の配達の時えらく怒られたのを思い出します。
雪国の新聞配達は、どうやって配達してるんでしょうね?スノーモービルとかなんですかね^^自転車ということは無いでしょうけど、車とかなんでしょうか?
ふと、そんなことも考えました。

新聞配達をして良かった事はあまりませんが、あの雪の日の配達を思えば、たいていの事は乗り越えられます。
今では良い思い出です・・・なんて文章をまとめようかと思ったのですが、そんな思い出いりません!

もっと、楽しい思い出をください、神様!